NEWS

米シークレットサービスが新制式採用ライフルの要求仕様を公開

海外軍事 Comments(0)
米シークレットサービスが新制式採用ライフルの要求仕様を公開
Official White House Photo by Pete Souza
大統領の警護を行うアメリカ国土安全保障省シークレットサービスが、新たに採用するライフルに要求する仕様を公開している。2016年4月4日にメーカー担当者を招いたインダストリアルデーを開催し、さらに細かい仕様を策定する予定。
高さ(アクセサリ未装着時):8.5インチ以内
重さ(アクセサリ未装着時):7.5ポンド以内
全長(ストック伸長時):34インチ以内

銃身長:最短10~最長12インチ
口径:5.56mm
ライフリング:1/7
銃身命数:2万発
作動方式:DIまたはショートストローク・ガスピストン

セミ・フル切り替え式。バースト制限装置は不要。セレクターはアンビ式、レシーバー側面に装着された単一の回転式レバーで、安全、セミ、フルの3点切り替えができ、トリガーグリップを離さずに操作できるものとする。

ハンドガードはピカティニーレールを装備したもの。銃身はフリーフロートにすること。バックアップ用アイアンサイトは、Aimpoint T-2との使用に適したものとする。

シークレットサービスは各種SMGやFN・P90など短い銃を持って警護に立つ姿が目撃されている。今回はこれらをより強力な5.56mm弾を使う銃に交代させるものと見られ、仕様でも短めの銃身長が指定されている。

Source: Rifle Requirement - USSS_Notice - Federal Business Opportunities: Opportunities
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201603
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop