NEWS

イギリス陸軍の小隊火器の見直し

海外軍事 Comments(0)

Photographer Corporal James McAllister; Crown copyright.
イギリス陸軍では、ベルト給弾方式の軽機関銃と60mm 迫撃砲を小隊装備から退役させる考えを明らかにした。
現行の歩兵小隊には、兵士個人のライフルに加えて、支援火器としてL85A2(5.56*45mm)×2丁(内1 丁にグレネードランチャー装備)、および空挺仕様のMinimi を制圧射撃用に配備し、さらに、M6-640 コマンド60mm 迫撃砲小隊も付属させている。

このような火器を配備していながら、実際の運用実態の報告によると、初弾が敵に命中・損害を与えるのは、わずか3 パーセントだけであり、歩兵ライフルに取り付けられたグレネードランチャーとスナイパーライフルで、十分に敵を征圧できているという。この報告を受けて、英国防省では、軽機関銃の退役と独立した迫撃砲小隊の解体を検討するだけの十分な理由があると見ている。

(アメリカ海兵隊でも、Minimi を廃止して装弾数を多くしたマガジンを兵士に携行させることにより、チームによる集弾・火力能力を高めようとする動きがある。これにより、機関銃手が戦死・負傷した場合の小隊全体の火力低下を防ぐことができる)

しかし、国防省内の戦闘理事会の戦闘部門の責任者であるイワン・ムーディ中佐は、「軽機関銃および迫撃砲を退役させてしまうと、(小隊規模の)戦闘に不可欠な間接射撃能力を大きく減じてしまう」と危惧している。

小隊に配備される火器の見直しは現在行われているが、軽機関銃および60mm迫撃砲の退役に関する最終決定は下されていない。

IHS Janes 360 2016/03/15
Text: 友清仁 - FM201604

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop