NEWS

リヴィジョン社の「Batlskin Viper Head Protection System」紹介トレーラー

海外軍事 Comments(0)
リヴィジョン社の「Batlskin Viper Head Protection System」紹介トレーラー
リヴィジョン・ミリタリー (Revision Military) 社のバトルスキン・ヴァイパー・ヘッド・プロテクション・システム (Batlskin Viper Head Protection System) は、世界初の完全に統合化されたヘルメットシステム。ミッション内容に応じてオプションパーツの選択をできるのが最大の特徴となっている。

映像では、兵士の頭部を保護する防弾性ヘルメットをベースとして、目を保護するバイザーキットや、下顎部分をカバーするマンディブルガードキット、補助ライトなどの装着を可能としてヘルメットの拡張性を高めるレイルキットなどの取り付けの様子が紹介されている。

関連記事:
Revision Military 社、近未来の兵士像を描いたプロモーションムービーを公開
リヴィジョン社の「Batlskin Viper Head Protection System」紹介トレーラー
Capture screen: Revision Military official website
リヴィジョン社は、現 CEO の ジョナサン・ブランシャイ (Jonathan Blanshay) 氏により 2001 年に創業。バーモント州エセックス・ジャンクションを本拠地とし、52,000 平方フィート (=約 4,836 平方メートル) もの広大な施設を持つ。兵士向け各種システムにおける機能性の向上や、その統合を図るための革新的な開発を手掛けており、現在は従業員 200 名程の企業となっている。米国本社の他、カナダに支社を、またその他各国向けの窓口としてフランス法人も抱えている。

主要製品は、バリスティックのアイウェアおよびゴーグルと、VIPER・BATLSKIN ヘルメットで、2014 年 4 月に発表された TALOS 計画の参画企業にもノミネートしている。USSOCOM では TALOS について、当初の 4 年間を研究開発目的に充て、2018 年までに特殊部隊員への配備を始めたい考えを示している。

関連記事:
米軍次世代「アイアンマン」構想、TALOS 公式サイトと参画団体が公表。実現に懐疑的な見方も

Revision Military 2016/03/30

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop