NEWS

ロシアの AK-100 シリーズが、インドでライセンス生産を開始へ

海外軍事 Comments(0)

Photo: via Rostec
ロシア国営兵器輸出企業、ロスオボロンエクスポルト (Rosoboronexport) 社のセルゲイ・ゴレスラヴスキー (Sergei Goreslavsky) 事務局次長は 3 月 29 日、インドで進めていたテスト製造の通過を受けて、カラシニコフ AK-100 シリーズのライセンス生産が始動することを明かした。
2014 年 2 月、カラシニコフ・コンツェルン (Kalashnikov Concern) は、2020 年までに生産を現在の 2 倍にあたる年産 15 万挺の規模に拡大して、売上を 4 倍の 240 億ルーブル (6 億 9,000 万ドル) に引き上げる計画を発表。その中で特に需要が見込まれるインドについては、「有望な市場」として位置付けており、年間 50,000 挺の製造能力を持つジョイント ベンチャーの設立のために 2,000 万ドルの投資を発表している。

関連記事:
ロシア Kalashnikov 2020 年までに年産 2 倍増、売上 4 倍増を計画

AK-100 シリーズは、1994 年にカラシニコフ社により設計され、その後生産の始まったアサルトライフルシリーズ。操作メカニズムこそ継承しながらも、ポリマー樹脂採用の他、随所に近代的な製造プロセスを採り入れるなどし、陳腐化した AK-47 を刷新している。

Rostec 2016/03/30

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop