NEWS

ロシア版「ターミネーター」 金髪美女による耐爆・耐火スーツの試験映像が公開

海外軍事 Comments(0)
ロシアの金髪美女が、全身にスーツを纏って、爆発物の敷き詰められたフィールドを歩き、真っ赤に燃え上がる炎の中から現れる映像が公開され話題となっている。

インターネット上で、ロシア版「ターミネーター (Terminator) 」として紹介されているこの映像は、中央精密機械建造研究所 (TsNIIMash) で撮影されたもので、歩くそばから次々と爆発が起きるも、気に留めず颯爽と歩く姿が印象的だ。
YouTube にアップされたこの映像を、ドミトリー・ロゴージン (Dmitry Rogozin) ロシア連邦政府副首相が 22 日に FaceBook でシェアしたことから一気に拡散し、多くの海外メディアで紹介されている。

一部メディアでは「ロゴージン副首相はロシアの軍事を誇示するために新型の耐爆スーツを使った試験の様子を公開した」として紹介している。ロゴージン副首相は、ロシアの防衛・宇宙分野を担当している。

なお、この映像については「非致死性の爆発物を使った試験」と注釈が加えられており、ロゴージン副首相も「これはテストであり、コントロールの利く環境下でおこなわれている」とコメントを付け加えている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop