NEWS

ベトナム戦争時代のヴィンテージ COIN 機「OV-10 ブロンコ」がダーイッシュ (IS) 討伐作戦で活躍

海外軍事 Comments(0)
ベトナム戦争時代のヴィンテージ COIN 機「OV-10 ブロンコ」がダーイッシュ (IS) 討伐作戦で活躍
ベトナム戦争時代に活躍した COIN 機が、ダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIL, ISIS) との戦いの中で投入されている。CNN が YouTube チャンネルを通じ、映像資料を使って紹介した。

ベトナム戦争時代のヴィンテージ COIN 機「OV-10 ブロンコ」がダーイッシュ (IS) 討伐作戦で活躍
Photo: An USAF OV-10 Bronco attacks a target over Vietnam in 1969
OV-10 ブロンコ (Bronco) は、1965 年に初飛行したツインターボプロップの COIN (Counter Insurgency) 機。米海兵隊、空軍、海軍で運用された。なお、COIN 機とは、不正規戦のために使用される軽攻撃機の一種を指す。
ベトナム戦争時代のヴィンテージ COIN 機「OV-10 ブロンコ」がダーイッシュ (IS) 討伐作戦で活躍
Photo: Four US Marines Corps OV-10 Bronco aircraft are parked
on the flight deck of USS SAIPAN (LHA 2).
2015 年、ブロンコはダーイッシュとの戦いを掲げた「不変の決意」作戦 (Operation Inherent Resolve) において、近接航空支援 (CAS: Close Air Support) や武装偵察など 120 の戦闘ミッションに参加しているとのこと。最大で 6 名の空挺隊員を運ぶことが出来る。

米中央軍 (USCENTCOM: United States Central Command) では、現代の戦闘の中でブロンコのような機体が航空戦力の有効性の増強に繋がるかを評価中であるとのこと。

ブロンコの運用コストは F-15 戦闘機の 1/40 で済むともされる。

関連記事:
アフガニスタン空軍、米空軍からデリバリーされた軽航空支援機「A-29 スーパーツカノ」第一陣×4 機を受領

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更
30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に?
米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令
「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章
H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か
ピンは歯で抜ける?覆いかぶさったら周りは無傷?手榴弾に関する不都合な真実
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更 (2019-12-06 12:13)
 30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に? (2019-12-05 17:14)
 米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令 (2019-12-04 16:35)
 「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章 (2019-12-04 12:02)
 H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か (2019-12-03 13:46)
 ピンは歯で抜ける?覆いかぶさったら周りは無傷?手榴弾に関する不都合な真実 (2019-12-02 17:33)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop