NEWS

ロシア版の軍用ヒト型ロボット「イワン (Ivan the Terminator) 」

海外軍事 Comments(0)
ロシアで開発中の軍用ヒューマノイド・ロボットの映像が公開された。
(該当映像は 25 秒付近から)

初報したロシア日刊紙、コムソモリスカヤ・プラウダ (Komosomolskaya Pravda) によると、「イワン (Ivan the Terminator) 」と名付けられたこのロボットは、「戦場や爆発、火災の他、高い放射能度に包まれた危険エリアなど、ヒトが立ち入ることの難しい場所へヒトに代わって送り込む目的」としている。
イワンは、ロシア版 DARPA「財団法人高等研究所 (Фонд перспективных исследований, Foundation for Advanced Studies) 」によりデザイン設計されたもので、現在のところはセンサースーツを着用したオペレーターによって遠隔操作されているが、将来的には、路面上の障害物を自律的に回避しながらの車輌運転や、銃火器による武装、射撃など、ヒトの動きを忠実に再現することが見込まれている。

ロシアではこうした軍用ロボットの開発が、数ある軍需産業の中でも優先度の高い取り組みとして考えられ、日夜開発が進められている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop