NEWS

米陸軍の要人警護(PSD)用『サブコンパクトウェポン(SCW)』10選

海外軍事 Comments(0)

Photo by Sgt. Cory Grogan
This photo is for illustrative purposes only.
米陸軍の『サブコンパクトウェポン(SCW: Sub Compact Weapons)』の求めに対して寄せられた、10社の提案火器が発表された。

関連記事:
米陸軍が『サブコンパクトウェポン』の取得を目指し情報提供依頼書(RFI)を発出
SCWはその名の通り、小型・コンパクトな造りで秘匿性に優れている点に特徴を持つ火器であり、不安定地域における「要人警護(PSD: Personal Security Detail)」というハイリスクを伴う環境下での利用が想定されている。敵の脅威に直面した際、近距離で「ハイボリュームなリーサリティー(殺傷性)」を叩き込むことが求められていのに加えて、その任務内容故に周辺への「巻き添え被害(コラテラルダメージ)」を最小限に抑える「射撃精度」も不可欠となっている。

陸軍によると、「現在PSDの任務に就く兵士はピストルとライフルの携行こそありながらも、それらとは別に秘匿性とリーサリティーを持ち合わせた火器の必要性に迫られている」としている。

①コルト・マニュファクチャリング・カンパニー
CM9MM-9H-M5Aコルト・モジュラー・9mmサブコンパクトウェポン
22,000ドル(=約240万円)

②ベレッタUSA
Beretta PMXサブコンパクトウェポン
16,000ドル(=約176万円)

③CMMG
CMMG Ultra PDWサブコンパクトウェポン
8,500ドル(=約93万円)

④CZ-USA
CZ Scorpion EVO 3 A1サブマシンガン
14,490ドル(=約159万円)

⑤LMT
MARS-L9コンパクトサプレスドウェポン
21,900ドル(=約240万円)

⑥PTRインダストリーズ
PTR 9CSサブコンパクトウェポン
12,060ドル(=約132万円)

⑦Quarter Circle 10
5.5 CLT / 5.5 QV5サブコンパクトウェポン
24,070ドル(=約264万円)

⑧シグ・サワー
SIG SAUER MPXサブコンパクトウェポン
20,160ドル(=約221万円)

⑨Trident Rifles
B&T MP9マシンガン
36,000ドル(=約395万円)

⑩ゼニス・ファイアーアームズ
Z-5RS / Z-5P / Z-5Kサブコンパクトウェポン
39,060ドル(=約428万円)


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop