NEWS

米海兵隊・第22海兵遠征部隊が『接近戦戦術課程(CQTC)』の訓練映像を公開

海外軍事 Comments(0)
米海兵隊・第22海兵遠征部隊(22nd MEU: 22nd Marine Expeditionary Unit)が、ノースカロライナ州キャンプ・ルジューンでおこなわれた『接近戦戦術課程(CQTC: Close Quarters Tactics Course)』の映像を公開した。「海洋急襲部隊(MRF: Maritime Raid Force)」がディプロイメントした際の「洋上船舶臨検(VBSS: Visit, Board, Search and Seizure)」に備えた訓練となっている。

Photo from 22nd Marine Expeditionary Unit (MEU)
MEUは、危機対応を専門としており、①司令部要素(CE: Command Element)、②地上戦闘要素(GCE: Ground Combat Element)、③航空戦闘要素(ACE: Aviation Combat Element)、④兵站戦闘要素(LCE: Logistics Combat Element)と、4つの部門から成るおよそ2,200名の兵力を擁している。海兵隊の中には、こうしたMEUが7個存在している。

そしてMRFは、MEUの一部であり、MEUが展開する上での最小タスクフォースとして機能している。MRFは、①武装偵察(フォース・リーコン)チーム、②水陸両用偵察チーム、③大隊上陸セキュリティーチームと、3つの要素から構成されており、『時間的制約のあるターゲット』に対して襲撃を仕掛けることに特化している。


Photo from 22nd Marine Expeditionary Unit (MEU)
なおフォースリーコンは、本隊の移動に先駆けてその前衛に配置され、進行方面の状況を偵察しつつ敵を警戒する任務を請け負う「斥候(せっこう)」に特化した部隊。「特殊な作戦を遂行できる【一定能力】を持つエリート部隊(Special Operations Capable Forces)」ではあるが、「MARSOC」が「特殊作戦司令部(SOCOM)」隷下であるのに対して、フォースリーコンは純然たる「海兵隊」直下の部隊となることからも、一般的には所謂(いわゆる)「特殊部隊」のくくりにカウントされない。

また、海軍特殊部隊シール(SEAL)との比較を受けることも多いが、シールが敵の「排除(殺害)」を目的とした実動部隊であるのに対し、フォースリーコンはあくまでも「情報収集」が主務となる点で異なる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop