NEWS

米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像

海外軍事 Comments(0)
米海兵隊・第26海兵遠征部隊(26th MEU: 26th Marine Expeditionary Unit)が、「海洋急襲部隊(MRF: Maritime Raid Force)」による強襲揚陸艦「イオー・ジマ(USS Iwo Jima, LHD-7)」艦上でおこなわれた火器課程・ファストロープ降下などの「海洋襲撃(Sea Assault)」訓練のダイジェスト映像を投稿した。

Screenshot from U.S. Marines official YouTube channel
MEUは、危機対応を専門としており、①司令部要素(CE: Command Element)、②地上戦闘要素(GCE: Ground Combat Element)、③航空戦闘要素(ACE: Aviation Combat Element)、④兵站戦闘要素(LCE: Logistics Combat Element)と、4つの部門から成るおよそ2,200名の兵力を擁している。海兵隊の中には、こうしたMEUが7個存在している。

そしてMRFは、MEUの一部であり、MEUが展開する上での最小タスクフォースとして機能している。MRFは、①武装偵察(フォース・リーコン)チーム、②水陸両用偵察チーム、③大隊上陸セキュリティーチームと、3つの要素から構成されており、『時間的制約のあるターゲット』に対して襲撃を仕掛けることに特化している。

第26海兵遠征部隊は、第5艦隊管轄域における危機即応のため、洋上・揚陸の両側面において重要な役割を担い、その遠征能力の維持に向けて絶え間なく訓練をおこなっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop