NEWS

米陸軍の新型『ジャングル戦闘ブーツ』は4つの専門分野から成る作業グループで評価中

海外軍事 Comments(0)

Photo from PEO Soldier
This photo is for illustrative purposes only.
世界最大規模の標準化団体「米国試験材料協会(ASTM International: American Society for Testing and Materials)」が、陸軍の新型ブーツ開発を特集した。

陸軍はベトナム戦争時代から続くジャングルブーツの陳腐化に伴い、計画策定局(PEO: Program Executive Office)を中心として、新たなジャングル戦闘ブーツの開発に乗り出している。このことについては過去何度かに渡って既報の通りなので、興味のある方は下記リンク先よりご覧頂きたい。

関連記事:
米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
ASTMによると、現在ブーツは、①生体力学および負傷軽減、②布地と革、③通気性と乾燥、④一般的なデザイン要求概念と計4つの専門分野に分かれた作業グループによって評価が進められているとのこと。
これら4つの作業グループは、7月までにジャングル戦闘ブーツに関する規格のとりまとめをし、その後9月30日までには、各専門分野での研究開発計画の作成・実行をおこないたいとしている。

またASTMによると、一連の過程が円滑に進んだ際、「工業規格の標準化を担う連邦機関である国立標準技術研究所(NIST: National Institute of Standards and Technology)が、他の陸軍用の装備に再現を希望している」「ジャングル戦闘ブーツの作業が終われば、次の規格化は軽量で難燃性を持つ頭部・頸部の防護装備に着手する」としている。

Source: Building a Better Boot

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop