NEWS

「磁気クライミングシステム(MCS)」を使って艦艇を登る米海軍特殊部隊SEAL隊員

海外軍事 Comments(0)

Photo by Staff Sgt. Henry Gundacker


Photo by Staff Sgt. Henry Gundacker
米海軍特殊部隊「シール(SEAL)」が昨年10月19日に、ギリシャ南方の地中海に浮かぶクレタ島において、地元軍特殊部隊との「パートナー開発訓練」を実施。その際おこなわれた、SEAL隊員による「磁気クライミングシステム(MCS: Magnetic Climbing System)」を使って艦艇を登る写真が、軍公式メディアライブラリーDVIDSに投稿されている。

Photo from H. Henriksen AS


Photo from H. Henriksen AS
使用されたMCSは、「迅速侵入搭乗システム(REBS: Rapid Entering Boarding System)」の製品群を手掛けるノルウェー企業・ヘンリクセン社(H. Henriksen AS)製とみられ、両手両足に取り付けることで、フル装備をした隊員の重量すら物ともせず登ることができる強力なその吸着力に特徴を持つ。
REBS - Magnetic Climbing System (MCS) Testing


Photo by Staff Sgt. Henry Gundacker
他にもヤマハ製「FXクルーザーSHO」を軍用にカスタムしたようなジェットスキーを使って、艦艇に対してアプローチを仕掛ける訓練の写真も投稿されている。

小型で機動力の高いジェットスキーを使ってのアプローチや、潜水して密かに近付き迅速に乗り込むことなどは、緊迫する北朝鮮対策の洋上臨検アイテムとしても有効となりそうだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop