NEWS

米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像

海外軍事 Comments(0)
米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
分隊など小規模部隊にフォーカスを当てた米陸軍のプレミア試作技術イベント「陸軍遠征戦士実験(AEWE: Army Expeditionary Warrior Experiments)」がおこなわれ、その概要を示す映像が公開された。
AEWEは、緊密な連携下にある同盟国の軍隊との間でおこなわれる年次統合演習。今年は英陸軍と豪偵察小隊が最新技術の粋を集めた軍用装備品のテストに参加している。

米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
Screenshot from Army Expeditionary Warrior Experiments (AEWE) official FaceBook

米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
Screenshot from Army Expeditionary Warrior Experiments (AEWE) official FaceBook

米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
Screenshot from Army Expeditionary Warrior Experiments (AEWE) official FaceBook

試作実験は、2019年の現在から2025年という近未来において部隊を形成する上で重要な役割を果たすものと位置付けられている。これらは『フォース2025ビジョン(Force 2025 Vision)』としてまとめられ、小型でスリム、そして更に遠征的であり、技術革新により致死性を高め機動力に優れた新装備が求められている。

Source: Army Expeditionary Warrior Experiments (AEWE)

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
米軍の次世代分隊火器向け電子補正式照準器はAIによる顔認識技術で敵味方を識別する
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
 米軍の次世代分隊火器向け電子補正式照準器はAIによる顔認識技術で敵味方を識別する (2019-08-02 18:17)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop