エイムポイントがピストル用の新型コンパクトレッドドットサイト『ACRO P-1』を発表

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Aimpoint
スウェーデンの光学照準器メーカー『エイムポイント(Aimpoint)』が、フランス・パリで開催される国際軍事見本市「ユーロサトリ2018」に向けた新製品『Aimpoint ACRO P-1 Micro Red Dot Sight』を発表した。

Photo from Aimpoint
「ACRO」は『Advanced Compact Reflex Optic』の頭文字に由来するピストル搭載を想定したコンパクト設計のレッドドットサイト。これまで市場に投入された同種のカテゴリーにあるサイトは全てオープンサイトであったが、ACROは唯一の箱型モデル(fully enclosed sight)となっている。その構造上の特性故に、優れた耐久性が特徴で、メーカー公称では、「.40口径×20,000発の耐久試験をクリアしている」とのこと。

レッドドットは、12段階の輝度調整を備えた3.5MOAで、最初の4段階はナイトビジョン対応。ボタン電池「CR1225×1個」で駆動し、その取り外しにおいては銃本体から取り外す事無くおこなえる設計。連続1年間の点灯を可能としている。


Photo from Aimpoint
全長1.2インチ(=約3.0センチメートル)、全幅1.2インチ(=約3.0センチメートル)、全高1.9インチ(=約4.8センチメートル)の本体重量は、電池取り付け状態で2.1オンス(=約60グラム)。25メートルの防水設計で、温度範囲は動作時で華氏-49度~-160度(=約摂氏-45度~71度)、保管時で-60度~-160度(=約摂氏-51度~71度)となっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop