NEWS

戦地に展開している米軍特殊部隊員の全員が「凍結乾燥血漿(FDP: Freeze-Dried Plasma)」を携行

海外軍事 Comments(0)

Photo By: Sgt. Salvador R. Moreno
世界各地の紛争地に戦術指南やテロリスト襲撃の為に展開している米軍特殊部隊員。AP通信によると、こうした戦地に展開している米軍特殊部隊員の「全員」が、今や「凍結乾燥血漿(FDP: Freeze-Dried Plasma)」を携行しているという。

米軍特殊部隊による凍結乾燥血漿の利用については、既報の通り、海兵隊特殊部隊司令部(MARSOC)が、作戦展開中に重傷を負った同盟国の軍人に対して初めて投入されたことが大きな話題となっている。この一報の際に、MARSOC隷下における凍結乾燥血漿の支給状況が明らかとなっている。

関連記事:
MARSOC隊員が「フリーズドライ血漿」を実戦で初利用し、同盟国の軍人の命を救う。10月までに全部隊が携行

Photo Credit: Ms. Erin Bolling, USAMMDA Public Affairs
今回のAP通信の記事では、「利用の数こそ十分ではないものの」と前置きする特殊作戦司令部(SOCOM)のコメントが掲載されており、「グリーンベレーをはじめとする特殊作戦チームが、少なくとも過去5年間の中で24回に渡って凍結乾燥血漿を利用していた」ことにも言及している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop