NEWS

ついに女性特殊部隊隊員が誕生。しかし問題も発生。 第75レンジャー連隊

海外軍事 Comments(0)

U.S. Army photo by Spc. Arthur Ruepong, 55th Signal Company
This photo is for illustration purposes only.
2016年12月、ついに米陸軍の女性兵士がレンジャー適正審査(Ranger Assessment )および第2選抜プログラム(Selection Program II)に合格し、正式にレンジャー課程に進むことが決定した。これにより、初めて特殊部隊に女性兵士が配属される可能性が非常に高くなった。(適正試験に合格しただけであり、その後の訓練や養成課程を卒業できるかは別の問題)

関連記事:
米陸軍レンジャースクールで女性 2 人が史上初の卒業。海軍特殊部隊 SEALs でも女性に門戸開放を検討

他の特殊部隊、たとえば、空軍特殊作戦群、海兵隊特殊作戦軍および海軍特殊作戦コマンドは、未だに女性兵士の合格者が出ていない(グリーンベレーは女性兵士のプライバシー保護のため公表していない)。

U.S Army photo by. SGT Coty Kuhn / Released
This photo is for illustration purposes only.
しかし、初の女性特殊部隊隊員の誕生は、女性に新しい軍人キャリアの門戸を開いたともいえるが、良いことばかりではない。

「女性初」の冠が着くことで、マスコミは彼女を追いかけまわすだろう。氏名・生年月日はもちろんこと、軍歴や職務まで細かく調べ上げることは想像に難くない。いちばん恐ろしいことは、その過熱した報道で、彼女がかかわる特殊作戦の内容が公表されてしまうことである。これでは、せっかく誕生した女性兵士を特殊作戦や重要なポジジョンに配備することができなくなってしまう。

レンジャー司令部は「女性初」がキーワードになって、結局、彼女が第75レンジャー連隊の「マスコット」になってしまうことを今から心配している。

Text: 友清仁 - FM201702

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop