エアソフトパーツメーカー「Angry Gun」の『L85A3』用コンバージョンキット・プロトタイプ

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
エアソフトパーツメーカー「Angry Gun」の『L85A3』用コンバージョンキット・プロトタイプ
Photo from Angry Gun
香港のエアガン用レプリカパーツメーカー「アングリー・ガン(Angry Gun)」が、『L85A3』用コンバージョンキット・プロトタイプの写真1点を添付し、ユーザーに対してAEG or GBBのバージョン希望を問うコメントを投稿した。
実銃「L85A3(SA80A3)」に話題を移すと、2017年9月に英国ロンドンで開催となった国際防衛展示会「DSEI(Defence and Security Equipment International)」の会場において、ヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler & Koch)社が現代化改修を終えて展示している。

関連記事:
ヘッケラーアンドコッホ社が英国防省向け「L85A3」をDSEI 2017で展示

展示品は英国防省向けの量産品となり、全体をフラット・ダーク・アース(FDE: Flat Dark Earth)調のカラーに仕上げ、ハンドガードの左右両側面にKeyModシステム(HKey)化が、またその上下にはレシーバートップにまで伸びるピカティニー規格レイルが配されていた。

その後2018年4月には、「近衛擲弾兵連隊」こと『グレナディアガーズ(Grenadier Guards)』が、「陸軍で初めてSA80A3を装備する」として写真を投稿し、配備が進められている。

関連記事:
現代化改修を終えて実戦に向けた配備が進む英軍の『SA80A3』

SA80A3は「中間耐用期間改善(MLI: Mid Life Improvement)計画」の下で進められており、その第一陣として5,000挺が生産されている。その後、少なくとも2025年まで制式ライフルとしての運用が続き、SA80A2は段階的に廃止となる。

関連記事:
HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長

Source: L85A3 Conversion Kit Prototype

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成
エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか?
【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン
「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開
「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判
「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』
 サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成 (2019-10-09 12:20)
 エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか? (2019-10-02 19:22)
 【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン (2019-10-01 10:32)
 「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開 (2019-09-27 18:59)
 「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判 (2019-09-18 16:17)
 「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』 (2019-09-12 18:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop