NEWS

Angstadt Arms社の米陸軍サブコンパクトウェポン候補「SCW-9」

海外軍事 Comments(0)

Photo from Angstadt Arms
先日、仕切り直しが行われたアメリカ陸軍のサブコンパクトウェポン選定プログラム。一部の企業は既に自社候補を公開しているが、アメリカのAngstadt Arms社も「SCW-9」をプロトタイプとして提出したと発表した。

関連記事:
アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開
SCW-9はいわゆるARプラットフォームのピストルキャリバー・カービンに分類される。グロックシリーズの弾倉を使用し、9mm弾を毎分1100発のレートで撃ち出す高火力を最短14.7インチ(約37インチ)、重量4ポンド(約1.8kg)というコンパクトなサイズに収めたのがセールスポイントだ。

Photo from Angstadt Arms

ストック、サイト類をすべて展開してもサイズは相当に小さい。レバー・ボタン類はすべて左右両方から操作できる。

Photo from Angstadt Arms

4インチの銃身はサイレンサー装着対応のフラッシュハイダーを装備。

Photo from Angstadt Arms

ストックは縮めるとわずか2.5インチ(約5cm)となる。このストックは5.56mm、.300BLKなどでも使用可能。またAngstadt Armsではストックをアームブレイスに変更した民間向けバージョンの発売を予定しているという。

Source: Sub Compact Weapon | Angstadt Arms SCW-9

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201811
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初
『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす
ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に
米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告
『SIG P320』落下暴発で集団代表訴訟。ドイツ本国は自主回収で3,500万ドル(約39億円)の下方修正を計上
オーストラリア軍の新型制式小銃『EF88 Austeyr』に重大な欠陥。「突発的な爆発」で兵士が顔面を負傷
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初 (2019-03-14 12:59)
 『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす (2019-03-13 12:09)
 ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に (2019-03-12 13:57)
 米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告 (2019-03-08 11:45)
 『SIG P320』落下暴発で集団代表訴訟。ドイツ本国は自主回収で3,500万ドル(約39億円)の下方修正を計上 (2019-03-07 15:34)
 オーストラリア軍の新型制式小銃『EF88 Austeyr』に重大な欠陥。「突発的な爆発」で兵士が顔面を負傷 (2019-03-07 13:00)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop