NEWS

「アルメニア」が世界で最初のロシア『AK-12』アサルトライフルを購入する外国に

海外軍事 Comments(0)

This photo is for illustrative purposes only.
ロシア銃器メーカー、カラシニコフ社(Kalashnikov Concern)が、新型の『AK-12』アサルトライフルを「アルメニア」に供給する。

関連記事:
ロシア国防省がカラシニコフ・コンツェルンのAK-12とAK-15自動小銃を制式採用
カラシニコフ社の最高責任者であるウラジーミル・ドミトリエフ(Vladimir Dmitriyev)氏はインタビューの中で、「契約の準備が整っている。我々は今のところ50挺程度という小規模での納入を進めている」「アルメニア側のテストを経て更なる購入に繋がることを期待している」「アルメニアはAK-12を購入する最初の外国になる」と語っている。

アルメニアによるAK-12の購入については、2018年8月に国防省のスポークスマンが「AK-12とAK-15の製造ライセンス契約を結んだ」と発表があったことに遡る。

旧ソ連邦の構成国であるアルメニアは300万人ほどの人口を擁し、国家として、また民族としても世界で最初に公式にキリスト教を受容したことでも知られる。

Source: Kalashnikov to Supply AK-12 Rifles to Armenia

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア『5.45 DESIGN』の戦闘服をフランス「GIGN」、スペイン、ハンガリーなどNATO傘下の特殊用途部隊が購入
自爆ベストからチームメイトを救った米陸軍の兵士が最高位の『名誉勲章(MoH)』を受章
民間軍事会社「ブラックウォーター」の創業者が中国の後ろ盾の下『ミャンマー』で活動を開始
USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初
『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす
ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア『5.45 DESIGN』の戦闘服をフランス「GIGN」、スペイン、ハンガリーなどNATO傘下の特殊用途部隊が購入 (2019-03-22 14:13)
 自爆ベストからチームメイトを救った米陸軍の兵士が最高位の『名誉勲章(MoH)』を受章 (2019-03-20 19:10)
 民間軍事会社「ブラックウォーター」の創業者が中国の後ろ盾の下『ミャンマー』で活動を開始 (2019-03-19 17:33)
 USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初 (2019-03-14 12:59)
 『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす (2019-03-13 12:09)
 ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に (2019-03-12 13:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop