NEWS

米陸軍が『カフェイン』の理想的な摂取量と覚醒のタイミングを決定する新たなアルゴリズムを発見

海外軍事 Comments(0)

Photo from U.S. Air Force
This photo is for illustrative purposes only.
意識がはっきりし、目が覚めた状態は、危険な任務と隣り合わせの兵士にとって、そのパフォーマンスを最大限に引き出す上で欠かせない。この状態を人為的に誘発させることは出来ないだろうか。もちろん、身体的な安全性が担保された状態で…。
こうした要求に対して、『カフェイン』を利用する研究が進められた。「カフェインの影響は摂取する人によって異なる―」そう語るのは、米国防総省・高性能バイオテクノロジーソフトウェア研究所(BHPCSAI)のジェイクス・ライフマン(Jaques Reifman)博士。博士の研究チームは、「精神運動性の警戒課題(PVT: Psychomotor Vigilance Task)」と呼ぶテストによって、最良のアルゴリズムを導き出し、特定のタイミングで最大限の効果を発揮することを見出している。そのレポートが睡眠医学会(AASM: American Academy of Sleep Medicine)で発表されている。

ライフマン博士はレポートの中で、「陸軍のアルゴリズムが特定した戦略は、神経行動のパフォーマンスを最大64%向上、あるいはカフェインの消費を最大65%減らした」としている。一報を掲載した国内メディアの中には、「陸軍は兵士のトレーニングで新しいアルゴリズムを使用しており、その利用を解禁する計画だ」としている。

本研究は、メリーランド州フォート・デトリックの陸軍医療研究資材司令部隷下にある担当主務局と、国防総省の医療研究開発計画の下で資金提供されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop