NEWS

ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達

海外軍事 Comments(0)

Photo from IEA MIL-OPTICS GmbH
This photo is for illustrative purposes only.
ドイツ連邦軍装備情報技術運用庁(BAAINBw: Bundesamt für Ausrüstung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr)が、軍特殊部隊で利用する『G95K』ライフル用途として「EOTech EXPS3-0」&「G33ブースター」を調達することが分かった。

Photo from IEA MIL-OPTICS GmbH
This photo is for illustrative purposes only.
欧州連合の「入札電子日報(TED: Tenders Electronic Daily)」を通じて明かされたもので、米国L3テクノロジーズ社の国内総代理店である「IEA ミル・オプティクス社(IEA MIL-OPTICS GmbH)」を通じて供給されることが示されている。

関連記事:
ドイツ軍特殊部隊の新小銃『G95(HK416A7)』にラインメタル製『可変戦術照準レーザー(VTAL)』が選定

BAAINBwは昨年10月に、国産銃器メーカー「ヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler & Koch)」社に対して、「HK416A7」×1,745挺の発注を明かしている。「G95」として新たに制式化され、陸軍・海軍特殊部隊(KSK/KSM)専用の新小銃として運用される。

関連記事:
ドイツ陸軍・海軍特殊部隊(KSK/KSM)専用の新小銃に「HK416A7」が決定。『G95』として制式化へ


Photo from CPM Forum via H&K
CPMフォーラムによると、G95Kは1996年来特殊部隊員の間で利用されてきた「G36K」からのリプレイスを図るため「HK416A5」または「HK416A6」を更に発展・開発した「HK416A7」に当たる新型の制式小銃と紹介している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop