NEWS

BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ

海外軍事 Comments(0)
各種のレーザーデバイスで知られるBE Meyers社がアメリカ海兵隊に1400万ドル(約15億3600万円)相当分の照準用複合レーザーを2019年4月より納入する。

参考記事:
米海兵隊、1,800 個のレーザー・ダズラーを追加発注
対象となるのは「GLAIR RECOIL」でLA-22/Uとも呼ばれる。カービンなど小火器へ搭載される複合レーザーデバイスとなり海兵隊が指定したいくつかの機能を備えている。

具体的にはクラス2Mレーザーを搭載するアイセーフシリーズの1つでターゲットとの距離に応じて自動調整される出力が特徴。遠近両用としてレーザー径を電動ズームで調整する機能も備えている。
これらの技術は海兵隊の訓練においてトンネル内での照明として使用され好評を博しているという。
NSNは5860-01-657-3893となり、今後2年間かけて納品される。

Source: BE Meyers & Co to Deliver $14M+ Order of LA-22/U to USMC MARCORSYSCOM OIS Program
BE Mayers: http://bemeyers.com/

Text: 乾宗一郎 - FM201901

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア『5.45 DESIGN』の戦闘服をフランス「GIGN」、スペイン、ハンガリーなどNATO傘下の特殊用途部隊が購入
自爆ベストからチームメイトを救った米陸軍の兵士が最高位の『名誉勲章(MoH)』を受章
民間軍事会社「ブラックウォーター」の創業者が中国の後ろ盾の下『ミャンマー』で活動を開始
USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初
『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす
ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア『5.45 DESIGN』の戦闘服をフランス「GIGN」、スペイン、ハンガリーなどNATO傘下の特殊用途部隊が購入 (2019-03-22 14:13)
 自爆ベストからチームメイトを救った米陸軍の兵士が最高位の『名誉勲章(MoH)』を受章 (2019-03-20 19:10)
 民間軍事会社「ブラックウォーター」の創業者が中国の後ろ盾の下『ミャンマー』で活動を開始 (2019-03-19 17:33)
 USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初 (2019-03-14 12:59)
 『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす (2019-03-13 12:09)
 ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に (2019-03-12 13:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop