NEWS

B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得

海外軍事 Comments(0)
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
Photo: via Soldier Systems Daily (SSD)
ブリュッガー&トーメ(B&T)USA社が、インディアナ州レイク郡の保安官事務所に対して『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得した。
MP9 9mm SMGは、コンパクトで秘匿携行を可能とし、ショルダー、ベルト、レッグなど様々なホルスターからの展開がおこなえ、サプレッサーの取り付けも可能としている。

レイク郡の要求に応える仕様が評価され、制服着用時の令状執行から、私服で秘密捜査に当たっているときまで幅広い任務要件を満たす柔軟性があると判断された由。

Source: B&T USA Awarded Contract to Supply the Lake County, Indiana Sheriff’s Dept with MP9 SMGs

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
レゴブロック(LEGO)のようなプラスチック・ブリックで造られた訓練施設
【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催
装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する
「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討
米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー
小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 レゴブロック(LEGO)のようなプラスチック・ブリックで造られた訓練施設 (2019-06-19 14:05)
 【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催 (2019-06-18 17:41)
 装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する (2019-06-13 16:13)
 「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討 (2019-06-12 17:40)
 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー (2019-06-11 16:25)
 小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 (2019-06-11 14:04)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop