ドイツ・バイエルン州警察の制式ピストルが現行「H&K P7」から「H&K SFP9」へリプレイス

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Heckler & Koch
ドイツ・バイエルン州警察の新制式ピストルに、国産の「H&K SFP9(=欧州市場向け「VP9」)」となったことが分かった。SFP9は「Striker Fired Pistol」の名が示す通りのストライカー式ピストル。

州都ミュンヘンでおこなわれた州内務省の記者会見で明らかになったもので、現行「H&K P7」からのリプレイス費用はおよそ3,000万ユーロ(=約40億8,000万円)。2019年までに35,000名の警察官が手にすることになる。

Photo from Wikimedia Commons
1979年から州警察の「サービスピストル」に在位していたHK P7だが、2008年にその製造が終了。一方、トライアルに向けて昨秋紹介されたH&K SFP9は、「SIG P320」「ワルサーPPQ M3」と他1種の計3種によるコンペの末に勝利。その過程では1,100名の警察官もテストに参加している。

コンペを勝利に導いた決め手は、①HK P7と比べて大きく軽量化が図られたことと、②装弾数が8発から15発へと倍増近くなっていたことが挙げられている。常時携行する道具であることと、凶悪なテロリストへの対応がその背景にある。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop