ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示

海外軍事 ミリタリー模型・フィギュア Comments(0)
ベラルーシ北東部、ロシアとの国境がほど近いヴィーツェプスク州にある軍訓練場において、『対戦車ロケットランチャー』で武装した無人航空機の飛行展示がおこなわれた。映像は国内で唯一、軍同行映像の配信を主にしているテレビ企業「ВоенТВ」が撮影したもので、26分間のうち僅か17秒間(6分20秒~37秒)で紹介されている。
ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示
Screenshot from ВоенТВ official YouTube channel
『RPG-26』らしき携行型対戦車擲弾発射器×1挺を搭載したクワッドコプターが、勢いよく離陸。前傾姿勢で発射している様子が収められている。造りの粗さからもプロトタイプと思われる。

ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示
Screenshot from ВоенТВ official YouTube channel
また、青く色塗られコの字型の台座を持つこちらのクアッドコプターには、携行型対戦車擲弾発射器×2挺による武装が確認できる。

RGP-26の場合、その重量は約2.9キログラム。250メートルの有効射程を持ち、40センチメートル程のコンクリート壁であれば貫通する威力を持つ。2012年には、福岡県北九州市の暴力団関係者が保有する倉庫から拳銃、弾薬と共に発見されている。

市販品のドローンであっても、3キログラムを超えるペイロードを持つモデルも十分に存在している。

Sources: Belarusian Unmanned Aerial Anti-Tank Grenade Launcher

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop