NEWS

「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送

海外軍事 Comments(0)

Photo from Berlin Polizei
This photo is for illustration purposes only.
重大な欠陥が見つかったことからメーカー回収となったドイツ「ヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler and Koch)」社の警察向けピストル『SFP9』。国内の地方紙各紙はその続報として、ベルリン警察がH&K社に対して送り返していると報じている。

関連記事:
試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘
ドイツ・ベルリン警察 H&K社のVP9を制式拳銃に採用 シグ社のP6をリプレイス

Photo from H&K
HK社は警察向けSFP9×24,000挺を受注し、その第一陣となる1,337挺をベルリン警察に納品を始めた。
しかし今週はじめ、精確な実証試験内容については未確認ながらも、「警察労働組合(GdP: Gewerkschaft der Polizei)」がベルリン警察に対して「メーカーから再度修理済として送られてきた製品を使っても、正確な着弾点を設定するのに60発以上の弾を必要としている」との報告をまとめている。
これを受けてベルリン警察は、「射撃精度に関わる問題が未だにぬぐい切れていない」「この問題は初めて起きたものではないはずだ」と語気を強めている。

新制式ピストルとしてSFP9の調達を決めたのは、国内16州の内、①ベルリン、②バイエルン州、③ブランデンブルク州、④ニーダーザクセン州、⑤メクレンブルク=フォアポンメルン州、⑥ザクセン州と、全6州の警察機関で、その切り替え作業が順次がおこなわれていく予定だった。
なお、2017年初めに⑤の州都シュヴェリーンの内務省が、SFP9の品質面について疑問を呈していたことが明らかとなっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初
『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす
ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に
米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告
『SIG P320』落下暴発で集団代表訴訟。ドイツ本国は自主回収で3,500万ドル(約39億円)の下方修正を計上
オーストラリア軍の新型制式小銃『EF88 Austeyr』に重大な欠陥。「突発的な爆発」で兵士が顔面を負傷
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初 (2019-03-14 12:59)
 『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす (2019-03-13 12:09)
 ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に (2019-03-12 13:57)
 米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告 (2019-03-08 11:45)
 『SIG P320』落下暴発で集団代表訴訟。ドイツ本国は自主回収で3,500万ドル(約39億円)の下方修正を計上 (2019-03-07 15:34)
 オーストラリア軍の新型制式小銃『EF88 Austeyr』に重大な欠陥。「突発的な爆発」で兵士が顔面を負傷 (2019-03-07 13:00)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop