NEWS

4つの地区に500以上の建屋、全長16Km超の道路、地下鉄など…ドイツ連邦軍の市街地戦闘訓練場がお披露目

海外軍事 Comments(0)
ドイツ北東部、新連邦州のひとつであるザクセン=アンハルト州。ヒース地の広がるこのコルヴィッツ=レッツリンガー・ハイデには、陸軍戦闘訓練センターがあり、その中の「シュヌーガーズブルク(Schnöggersburg)」に、4つの地区、520の建屋を有する訓練施設が出来上がる。ここは街1つが丸々訓練施設となっており、東京ドーム128個分以上となる6平方キロメートルの面積を有する。下水道、工業地帯、地下鉄とそのトンネル、森林地帯に、市内を全長16.5キロメートルに及ぶ道路が張り巡り、全幅22メートルもの河川が走る…、市街地周辺を舞台に起こり得るあらゆる実戦を想定した様々な環境が用意される。加えて、施設全体で6,000ものカメラが設置され、兵士や各種の陸上ヴィークルを使った戦闘訓練において、参加している全ての動きを把握できるようになるという。
10月26日、ドイツ公共放送連盟系列の中部ドイツ放送が、「ドイツ連邦軍(Bundeswehr)が5年の建設期間を経て初めて訓練施設の一部を受領した」「12月にも訓練が始まり、翌2018年4月に他部隊の受け入れをおこない、試験的に訓練をおこなう計画だ」と伝えた。また、その引き渡し式の中で国防省のマーカス・グルーベル(Markus Grübel)政務次官は「我が連邦軍が戦わなければならない環境はもはや『開けた土地』ではなく、『市街地』に変わっている」と述べ、この施設における訓練の重要性を訴えている。

現在までに、住宅、学校、宗教施設、政府庁舎など240ほどの建屋が並んでいるが、2020年3月に完成を迎えるころには500以上に増やす予定。当初計画で建設費は、1億1,800万ユーロ(=約156億円)が計上されていたものの、資材の高騰を背景に1億4,000万ユーロ(=約185億円)に跳ね上がっている。また、建設に当たっては周辺住民の反対運動も根強くおこなわれ、一筋縄ではいかなかったようだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop