NEWS

ドイツ連邦軍の新型戦闘ブーツの支給に大幅な遅れ

海外軍事 Comments(0)
ドイツ連邦軍の新型戦闘ブーツの支給に大幅な遅れ
Foto: Bundeswehr/ J.Röllig
This photo is for illustrative purposes only.
ドイツ連邦軍(Bundeswehr)が計画する新型戦闘ブーツの支給において大幅な遅れを生じており、議会で槍玉に上げられる事態に陥っている。

軍は2016年より、これまでの「通年(オールシーズン)ブーツ」に代わって、『重戦闘ブーツ(heavy combat)』と『軽戦闘(light combat)ブーツ』の2種類の新型ブーツの供給を計画してきた。
当初は2020年末に完了させる予定だったが、高級日刊紙の「ターゲスシュピーゲル」によると、「生産能力に限界がある」として国防省は「2022年中頃にずれ込む」「全体に行き渡るには8年掛かりになる」と見込んでいる。

関連記事:
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
議会の調査報告によると、18万3,000名の兵士の内16万名ほどが重戦闘ブーツの第1陣を受領しているが、軽戦闘ブーツにおいては、僅かに31,000名分が支給されたに過ぎないという。また新旧計3種類をセットで持つ者は、現在のところ「ごく僅か(only a few)」に過ぎないとしている。

歩兵の基本は足元から―
ブーツのような基本装備の提供に支障を来すことは、供給体制の脆弱さを晒すだけでなく、NATOメンバーとして戦闘準備に疑問符が付きかねない事態になるとして、国内メディアの中には警鐘を鳴らすものも出ている。
また野党議員は「新型のブーツを履かせるだけで、8年も掛かるのは極めてグロテスク(異様で気味が悪い)だ」と非難の声を強めている。

Source: Soldaten müssen bis zu anderthalb Jahre auf neue Stiefel warten

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop