NEWS

カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ

海外軍事 Comments(0)

Photo: Canadian Forces Combat Camera
This photo is for illustration purposes only.
カナダ陸軍が、「C21」として制式化される見込みの新たなマルチキャリバー式スナイパーライフル(MCSW: Multi-Caliber Sniper Weapons)の取得に向けた動きをみせている。国内の英字日刊紙、オタワ・シチズンが防衛産業界の情報として伝えている。

関連記事:
カナダ陸軍が「C20」として制式化する新たなセミオート式スナイパーライフル(SASW)の取得を計画

Photo Credit: Canadian Forces Combat Camera, DND
このMCSW取得における主要件は、.338ラプアマグナム弾を使用する現行の「C14」スナイパーライフルからリプレイスを企図したもので、必要に応じて.338ラプアマグナム弾から7.62mm弾に切り替えを可能とする。

陸軍の広報担当官は、「.338ラプアマグナム弾は作戦実行時に利用する一方で、7.62mm弾は、.338ラプアマグナム弾が使えないような訓練や交戦距離など、特別な状況での利用を想定している」「陸軍の歩兵部隊や戦闘学校での運用が主な用途になりそうだ」と述べている。

また広報担当官は「今年2017年後半にも入札段階に入るべきだが、現時点では正確な調達日程などが決まっていない」とする一方で、229挺の取得を目指していることに言及している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop