NEWS

緊急事態発生、Tシャツに半パン姿で逃走車輌の容疑者を追い詰めた「ラフ過ぎる」警察官

海外軍事 Comments(0)
米テキサス州ヒューストンで、逃走車輌の容疑者を追い詰めた「ラフ過ぎる」服装の警察官が話題となっている。

容疑者の男は、新妻を銃で脅した後に警察の追跡を振り切ろうと、高速道路を猛スピードで逃走。その後車輌は、駆け付けたSWAT隊員らにより取り囲まれている。

Screenshot from ABC13 Houston
この日「非番」だったスティーブン・ハマーラ(Steven Hamala)巡査長は、事件の起きた時、「愛娘をちょうど保育園に送り届けているところ」だったという。

「町の東側から追跡する様子が聴こえていた」「直後に呼び出しが掛かり、急いで駆け付けると容疑者が道で取り囲まれているのを目撃した」と、ハマーラ巡査長はインタビューの中で答えている。


Screenshot from ABC13 Houston
容疑車輌が飛び出し、バリケードを突破する様子を見ていたハマーラ巡査長は、「着替えている暇はない」と判断、Tシャツに半パン姿でプレキャリを着用しライフルを携えて容疑車輌に接近した。

現場の映像がメディアによって放送されるや否や、ハマーラ巡査長は「カジュアルコップ(casual cop)」のハッシュタグと共にSNSで広く拡散されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop