NEWS

「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か

海外軍事 Comments(0)
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
輸送や偵察、対地・対潜水艦戦闘まで、今や軍のあらゆる分野で使用されているヘリコプター。これまで試作型が目撃されてきている中国人民軍のZ-20ヘリコプターが今秋にも中国国内のエアショーで展示される。
Z-20は10トン級の中型汎用ヘリコプターとして哈爾浜飛機製造公司によって開発、製造が行われている。80年代はじめにアメリカから中国に輸出されたシコルスキーS-70C-2(UH-60ブラックホークと同系統の機種)をベースに開発されており、英語圏では「コピーホーク」の異名を持つが、よりパワフルなエンジンとフライバイワイヤのアビオニクスを搭載している。開発者側は、元メーカーからいかなる技術の供与も受けていないとしているが、一説には2011年のビン=ラディン暗殺作戦の際に墜落したステルス・ブラックホークの機体の調査から得られたデータも使用されている可能性があるという。

関連記事:
「ゼロ・ダーク・サーティ」ステルス型ブラックホーク・ヘリ

後発ということもあり性能には余裕がある。限界高度が高いのでチベットなどの高原地帯での使用はもちろん、航続距離と積載量を活用し、対潜装備を搭載した艦載ヘリとしても運用可能であるという。

Source: Z-20 helicopter to be deployed in Tibet, analysts predict - Global Times
PLA's version of Black Hawk to fly to Tibet, land on carriers | Asia Times
China Has High Hopes For Z-20 Helicopter | Defense News: Aviation International News

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201809
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介 (2019-05-24 13:32)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop