中国北方工業公司のロゴが入ったグロックのクローンフレームが目撃される

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
「ノリンコ」の略称で知られる中国北方工業公司のロゴが入ったグロック用クローンフレームが目撃され、話題を呼んでいる。

画像を公開していたのは元SureFire社の設計者である「PK Surefire」ことポール・キム氏。第4世代グロックのテクスチャを有しているが、細部のデザインは第3世代のものという不思議なフレームである。

表面のテクスチャはGen4っぽいが、マグキャッチボタンのホールはGen3のもの。

Photo from Paul Kim

「NORINCO」のロゴ

Photo from Paul Kim
バックストラップは非交換式。

Photo from Paul Kim

ノリンコは既にポリマーオートの92式手槍を開発しており、西側の最新のものほどではないにせよその技術は一定のレベルにある。

Photo from Paul Kim

ノリンコは中国人民解放軍向けに小火器を供給する一方、各国に軍用・スポーツ用として輸出を行っている。このフレームが完成品の一部であるのか、あるいは近年増加している80%フレーム(自分の手で穴を開けたり仕上げをすることが前提のため法的には火器に相当せず、購入に法的な制限の無い半完成品)として輸出されるのかは定かではないが、ノリンコの技術力の向上を伺わせるプロダクトだ。

Source: Chinese Norinco Glock Clone - The Firearm BlogThe Firearm Blog

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201801
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop