NEWS

中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される

海外軍事 Comments(2)
中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される
巨額の予算が投入され日進月歩の中国人民解放軍だが先日、建国70周年を祝う国慶節の式典において新型の自動小銃が目撃された。

現在人民解放軍が使用しているブルパップ式のQBZ-95-1とは違い、機関部がグリップ前方にあるコンベンショナルなデザインとなった。QBZ-95は現代的な小銃では必須の拡張性について難点があったが、新型小銃はこれを克服するものとなる。

参考:ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される - ミリブロNews
制式名は配備年を入れたQBZ-17もしくはQBZ-19。動作メカはショートストロークピストン方式を採用。ストックの調整が伸縮方向のみであり、おそらくAR-15系統の自動小銃のようにバッファーチューブを備えていると思われる。
中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される

新型小銃にはいくつかの銃身長が確認されている。5.8×42mmの弾倉のリブはQBZのものよりも幾分平たくなった。以前目撃されたものはトップレールからアイアンサイトが脱着できるものであったが、固定式となったようだ。
中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される

情報筋によれば、QBZは全軍への配備ではなく車両クルーのPDW用途など限定的なものになるという。一方で、主要弾薬である5.8×42mm弾の中長距離性能を向上させた新弾薬が完成したことが既に伝えられており、今後これに対応したQBZに入れ替えられることは大いに予想できる。

少し前の中国の銃火器は「安かろう・悪かろう」というのが常識であったが、昨今の小火器設計・製造技術の進歩の速さは恐るべきものがある。今はまだ諸外国のマネ、コピーの段階を出てはいないが、安全保障上の脅威となるのはもう時間の問題といえるのではないだろうか。

Source: First Photos of Chinese PLA New Standard Rifle and What We Know So Far -The Firearm Blog, China's Army Is Getting a New Assault Rifle (And It Could Be a Really Big Deal) | The National Interest

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201910
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開
ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入
リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
 Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開 (2019-11-07 10:20)
 ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入 (2019-11-01 15:20)
 リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』 (2019-11-01 14:16)
この記事へのコメント
ブルパップのQBZ-95は微妙に扱い難いので配備が一部に限定され、
大量配備に向けたのはコンベンショナルにしたQBZ-03だったと思います。
今回のはそのQBZ-03の改良型って感じですね。
Posted by . | at 2019年11月01日 21:36
限定と言うがコレ今後が興味深いな。各国用兵思想や軍事世界の流れなど有るが近年ニュージーランド、フランスの様に(銃更新時期も関係するが)ブルパップは使い難いとコンベンショナルなAR系に変更、逆にAR系と併用とは言え実戦経験豊かなイスラエルはブルパップに・・・・ブルパップの95式とほぼ同期採用の一般部隊向け?でコンベンショナルな03式の近代改修版?と思えるこの新型がどうなるか。ブルパップを運用した中国軍が出す判断は如何に? このまま95式と併用か、それとも使いやすさ拡張性を優先し将来的には95式を捨ててこの新型で統一するのか・・・・
Posted by ネシェル | at 2019年10月22日 17:04
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop