米五軍採用のM17/M18ピストルにも対応、クリムゾントレース社P320用レーザー照準器『LG-420/G』

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Crimson Trace
銃器用の小型レーザー照準器を開発する、米国のクリムゾントレース社(Crimson Trace Corporation)が、シグ・サワー社製ピストル「P320」用のレーザー照準器『LG-420(赤色レーザー)』『LG-420G(緑色レーザー)』 を発売した。
両レーザー照準器は、直観的な動作の中で起動するよう全体設計されており、トリガーガードを主体に取り付けるため、銃身に沿って真っすぐとなる。また、ユニットを取り外すことなくバッテリー交換が可能なため、設定がずれ難くなっている。

工場出荷時は50フィート(=約15メートル)でゼロイン調整しており、メーカー3年保証付き。レッドレーザー版が229ドル(=約2.5万円)、グリーンレーザー版が309ドル(=約3.3万円)と割高設定となっている。

なお、軍用モデルであるフルサイズ版「M17」およびコンパクト版「M18」両ピストルにも互換性を持つ。

レーザー製品については、日本国内では「消費生活用製品安全法」の下、規制の対象となっている。同法では【PSCマーク】の無いレーザー出力製品(携帯用レーザー応用装置)を【販売・陳列】することが禁止されており、違反した場合は、【1年以下の懲役または100万円以下の罰金、またはこれを併科する】と定められている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ポーランド国防省が60mm軽迫撃砲『LMP-2017』を取得。領土防衛軍の全軽歩兵中隊に配備へ
米陸軍が『eスポーツ』オンライン競技会への参戦を発表。「新兵募集活動」を目的に若者文化へ接近
中米エルサルバドルには自ら武装してギャングと戦う市長がいる
フェデラル・アミュニションが米海軍海上戦闘センター・クレーン局から『MK 318 Mod 0』弾・46.5億円を受注
NFLスタープレイヤーが「国家の英雄」とその家族を称えるためリーボック製スニーカーの発売を企画。全額を寄付へ
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ポーランド国防省が60mm軽迫撃砲『LMP-2017』を取得。領土防衛軍の全軽歩兵中隊に配備へ (2018-12-18 16:10)
 米陸軍が『eスポーツ』オンライン競技会への参戦を発表。「新兵募集活動」を目的に若者文化へ接近 (2018-12-18 14:03)
 中米エルサルバドルには自ら武装してギャングと戦う市長がいる (2018-12-17 17:18)
 フェデラル・アミュニションが米海軍海上戦闘センター・クレーン局から『MK 318 Mod 0』弾・46.5億円を受注 (2018-12-17 17:03)
 NFLスタープレイヤーが「国家の英雄」とその家族を称えるためリーボック製スニーカーの発売を企画。全額を寄付へ (2018-12-14 12:37)
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop