NEWS

チェコがイラクに陸軍「第601特殊部隊グループ」の精鋭×最大200名の派兵を検討

海外軍事 Comments(0)

Screenshot from 601 skssPROSTEJOV
This photo is for illustration purposes only.
チェコが国際任務参加のため、イラクに軍特殊部隊の派兵を検討している。
派兵が取り沙汰されているのは、陸軍「第601特殊部隊グループ(601st Special Forces Group, "601. skss")」の精鋭×最大200名。
イラクはダーイシュ(IS)との戦闘において、その中核を担っていた特殊部隊が多大なる損失を被っている。今回のチェコによる軍特殊部隊の派兵は、イラク軍の戦力不足を補うための「訓練提供」が挙げられている。そしてもう1つの選択肢として、既に直接的な戦闘も展開している米英軍に帯同し展開することも挙げられている。

チェコ陸軍第601特殊部隊グループは、国防省隷下で唯一の特殊作戦部隊。モットーは「息がある限り、希望を持つ(Dokud dýchám, doufám)」。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop