E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from E&L Airsoft
中国人民解放軍の主力自動小銃、『QBZ-95』のペイント弾バージョンをE&Lが開発、リリースした。訓練用として軍・公用向けに販売され、一般向けの小売はないと言う。

実射動画はこちら。
QBZ-95はほとんどエアソフトガン化されておらず、公用向けのみの販売を残念がるファンも多いようだ。様々な形でモダナイズされ、露出の多い自動小銃だけに、エアソフトバージョンの発売も期待したいところである。

参考:ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される - ミリブロNews

なお同社は『QSZ-92』拳銃のペイント弾バージョンの販売も開始した。ベースモデルはノリンコ社製としては初のポリマーオート拳銃で、主に警察系特殊部隊が使用しているという。

Source: QBZ-95 11mm Paintball Treaning Weapon for Professional L&E Market is just about to be Released !

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201812
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop