NEWS

バレット社・MRAD狙撃銃の米SOCOM制式採用記念モデルが限定100丁販売

海外軍事 Comments(0)
バレット社・MRAD狙撃銃の米SOCOM制式採用記念モデルが限定100丁販売
Photo from EuroOptics
バレット社のMRAD(多目的汎用狙撃銃)が、SOCOMのMk22先進狙撃システム(ASR)として制式採用されたのを記念し、EuroOptics社がASR仕様のMRADを限定100丁発売する。
ASRは様々な任務に対応できるよう、7.62mmに加え.300ノーママグナム、.338ノーママグナムにすぐ換装できることが仕様で定められている。また重量13ポンド(約5.8キログラム)、折りたたみ時の長さ36インチ(約91cm)という、この手の大型狙撃銃としては軽量・コンパクトであることが求められていた。

バレット社のMRADは銃身とボルトフェイスの2点を交換するだけで、口径を変更することが可能。Mk.21精密狙撃銃(PSR)プロジェクトではレミントンMSRの後塵を拝したが、今回、新たにMk.22として採用された。

今回発売される限定版は、ASR仕様のMRAD本体に加え交換用の銃身、ペリカン1770ハードケース、Armageddon Gear社のソフトケース、各口径の弾倉1本ずつ、バイポッド、その他調整工具など一式を含む、いわゆる「配備キット(Deployment Kit)」形式で販売される。
バレット社・MRAD狙撃銃の米SOCOM制式採用記念モデルが限定100丁販売
Photo from EuroOptics

お値段は1万6千770ドル(約183万円)、サプレッサーは別売りで2226ドル(約24万円)と非常に高価なキットとなる。射程や精度にマッチする光学機器を乗せるとなると、さらなる出費を覚悟することになるだろう。

Source: EuroOptic Exclusive Barrett MRAD Mk22 Advanced Sniper Rifle Systems

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201912
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop