NEWS

元英軍特殊部隊SBS隊員が自転車による南米大陸走破の最速タイムを樹立

海外軍事 Comments(0)

Photo from Dean Stott's official website.
英軍特殊部隊の元隊員が、自転車による南米大陸走破の最速タイムを叩き出し、ギネスワールドレコードに認定される見込み。
記録を打ち立てたのは、海兵隊特殊部隊「SBS(Special Boat Service)」の元隊員、ディーン・スコット(Dean Stott)氏40歳。2月1日に出発して以来、48日と54分で走破している。それまでの記録が、2009年に樹立された58日と45分であったことから、およそ10日も短縮したことになる。
Pan American Highway Film HD
スコット氏のサイクルチャレンジは、ケンブリッジ公爵夫妻およびハリー王子のロイヤル財団が支援する慈善団体「ヘッズ・トゥギャザー」のキャンペーンとしておこなわれている。スコット氏が軍に在籍した当時にハリー王子と知り合い、意気投合して友人関係となったことが縁で、南はアルゼンチンから北はアラスカまで、全行程14,000マイル(=約22,530キロメートル)を110日間で走破するという「パン・アメリカン・ハイウェイ」計画に参加している。チャリティー事業の一環でもあり、完走に合わせて100万ポンド(=約1億4,800万円)の支援金を呼び掛けている。


Photo from Dean Stott's official FaceBook.
スコット氏が次に狙う目標は、2015年にメキシコ人サイクリストのカルロス・コバルビアス(Carlos Covarrubias)氏が叩き出した117日と5時間の記録だという。

スコット氏はメディアのインタビューに対して、「私は決して若くはありません。数週間後には41歳の誕生日を迎えます」「自転車を始めたのもたったの1年ほど前のことです。新しい活動を始めるのに遅すぎるということは決してありません」と述べている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop