NEWS

米陸軍の元レンジャー隊員が、24時間で7,715回の懸垂をおこないギネス世界記録更新

海外軍事 Comments(0)
米陸軍の元レンジャー隊員が、24時間で7,715回の懸垂をおこないギネス世界記録更新
かつてフォートベニングで米陸軍の精鋭レンジャー隊員として活躍していた若者が病魔に打ち勝ち、「24時間で7,715回の懸垂」をおこないギネスワールド記録を塗り替えた。

関連記事:
レンジャー隊員であれば、これくらいできて当たり前!米陸軍 第 75 レンジャー連隊 年次体力評価イベント
米陸軍の元レンジャー隊員が、24時間で7,715回の懸垂をおこないギネス世界記録更新
Screenshot from KCAU-TV Sioux City official YouTube channel
「最愛の母の死と義理の父の交通事故死がターニングポイントだったのは間違いない」。ブランドン・タッカー(Brandon Tucker)はそう回顧する。母の死後間も無く、自身は「潰瘍性結腸炎」と診断されてレンジャー隊員としてのキャリアを失っている。

母の命日でもある10/26に、人々を勇気付けることを目的におこなわれたこのプロジェクト。これまでの記録7,600回を超え、1回当たり1ドル換算となる7,715ドル(約84万円)が退役軍人支援関連の慈善団体に寄付される。

Source: Former Ft. Benning Ranger breaks world record near anniversary of mom’s death

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop