NEWS

米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給

海外軍事 Comments(0)
米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給
Fuerzas Militares de Colombia
This photo is for illustrative purposes only.
米陸軍が「対外有償軍事援助(FMS: Foreign Military Sales)」を通じて、コロンビア政府に対して、駐屯地利用を目的とした「軍用ボディーアーマー」と「ヘルメット」の供給をおこなう。

関連記事:
コロンビア向け不正輸出の容疑でシグ米国法人(SIG Sauer USA)の最高経営責任者がドイツで逮捕
戦闘車両軍備司令部(TACOM: Tank-Automotive & Armaments Command)・統合兵站支援センター(ILSC: Integrated Logistics Support Center)が、「一般調達局(GSA: General Services Administration)」を主務局としておこなうもので、両政府間では提供受入承諾書(LOA: Letter of Offer and Acceptance)が取り交わされている。

その中で、①ファーストスピア―(First Spear & LTC)ベストと、②カスタム・アーマー・グループ(CAG: Custom Armor Group)製ヘルメットの複数契約スケジュール(MAS: Multiple Award Schedule)が示され、その内訳は以下の通りとなっている。

①ファーストスピア―(First Spear & LTC)製ODカラーの特殊部隊システムベスト×50着
②カスタム・アーマー・グループ(CAG: Custom Armor Group)製ヘルメット×621セット


Source: FMS Body Armor Kitted Vests & Helmets (garrison use) for the Government of Columbia

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop