NEWS

FNアメリカ社が海軍クレーン局(NSWC-CD)のとりまとめる軽機関銃『MK46』『MK48』の生産契約を獲得

海外軍事 Comments(0)

Photo from Naval Special Warfare Command (NSWC)
米国防総省は先月31日、サウスカロライナ州コロンビアの「FNアメリカ」社との間において、軽機関銃『MK46』および『MK48』の生産に関する契約を交わしたと明かした。
インディアナ州の海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD: Naval Surface Warfare Center Crane Division)がとりまとめた今回の契約は、確定価格・数量未定(FFP/IDIQ)の下で結ばれ、予備部品の供給や技術サービスも含めて1,345万ドル(=約14.9億円)の案件となっている。

なお係る作業については、サウスカロライナ州コロンビアで85%、ベルギー・ハースタルで15%の比率を請け負うとし、2023年8月までに完納することが示されている。


Photo: FN MK 46 MOD 1
MK46は、FN(Fabrique Nationale)製5.56mm機関銃「ミニミ(MINIMI)」の「特殊用途火器(SPW: Special Purpose Weapon)」となるバリエーションモデル。米軍特殊部隊の要求に応えた軽量・コンパクトな設計となり、ベルト給弾式、取り換え式バレル、軽量チタン製バイポッド、拡張性を高めたピカティニー規格レイル装備などに特徴を持つ。


Photo: FN MK 48 MOD 1
一方のMK48は、こちらも同じく特殊部隊の要求に応えて開発されたもので、7.62mm弾仕様となっている。MK46では力不足を感じるような長距離で貫通力が要求されるシーンでの補完的な位置付けとなっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop