NEWS

「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得

海外軍事 Comments(0)

Photo from Fibrotex USA
迷彩システム開発の老舗、イスラエル「ファイブロテクス(Fibrotex)社」の米国法人が、陸軍の次世代超軽量迷彩ネットシステム『ULCANS(Ultra-Light Camouflage Netting System)』の契約を勝ち取ったことが分かった。

関連記事:
欧州某国の陸軍にイスラエル Fibrotex Tech のリバーシブル戦闘服「Fightex」が供給へ

総額で4億8,000万ドル(=約547億円)の「確定価格/数量未定(FFP/IDIQ)契約」となり、2019年初頭にも量産開始となる。
受注獲得に当たり、エヤル・マルロン(Eyal Malleron)CEOは、「今日の戦場では、我が軍だけでなく、敵武装勢力においてもナイトビジョンやサーマル装置を持ち込んでいる」「我が社の迷彩システムは、こうした状況の中でも兵士を隠蔽し、生存性の向上に寄与することだろう」「陸軍がこの最高の製品を使った実証試験をおこなったところ、これまで戦場に投入されたあらゆるセンサーにも電磁スペクトラムを通じて検出されない素晴らしい能力を繰り返し発揮できた」と語っており、その出来栄えに自信をみせている。

ULCANSは、マサチューセッツ州ナティックの「兵士研究開発技術センター(NSRDEC: Natick Soldier Research, Development and Engineering Center)」による2年に渡る研究を経て開発。「2D ULCANS」テクノロジーは、より永続的な赤外線(IR)、熱線およびカウンタレーダー性能を提供し、従来よりも広範囲にその機能を提供するという。

この契約によって、ケンタッキー州マクリアリィ郡の同社施設では、熟練の米国人技術者×数百名の雇用が創出されるものと期待されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop