NEWS

「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得

海外軍事 Comments(0)
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
Photo from Fibrotex USA
迷彩システム開発の老舗、イスラエル「ファイブロテクス(Fibrotex)社」の米国法人が、陸軍の次世代超軽量迷彩ネットシステム『ULCANS(Ultra-Light Camouflage Netting System)』の契約を勝ち取ったことが分かった。

関連記事:
欧州某国の陸軍にイスラエル Fibrotex Tech のリバーシブル戦闘服「Fightex」が供給へ

総額で4億8,000万ドル(=約547億円)の「確定価格/数量未定(FFP/IDIQ)契約」となり、2019年初頭にも量産開始となる。
受注獲得に当たり、エヤル・マルロン(Eyal Malleron)CEOは、「今日の戦場では、我が軍だけでなく、敵武装勢力においてもナイトビジョンやサーマル装置を持ち込んでいる」「我が社の迷彩システムは、こうした状況の中でも兵士を隠蔽し、生存性の向上に寄与することだろう」「陸軍がこの最高の製品を使った実証試験をおこなったところ、これまで戦場に投入されたあらゆるセンサーにも電磁スペクトラムを通じて検出されない素晴らしい能力を繰り返し発揮できた」と語っており、その出来栄えに自信をみせている。

ULCANSは、マサチューセッツ州ナティックの「兵士研究開発技術センター(NSRDEC: Natick Soldier Research, Development and Engineering Center)」による2年に渡る研究を経て開発。「2D ULCANS」テクノロジーは、より永続的な赤外線(IR)、熱線およびカウンタレーダー性能を提供し、従来よりも広範囲にその機能を提供するという。

この契約によって、ケンタッキー州マクリアリィ郡の同社施設では、熟練の米国人技術者×数百名の雇用が創出されるものと期待されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop