NEWS

PMC「ブラックウォーター」の流れを汲む大手セキュリティー企業『コンステリス』社のトップ交代人事が発表

海外軍事 Comments(0)
PMC「ブラックウォーター」の流れを汲む大手セキュリティー企業『コンステリス』社のトップ交代人事が発表
Photo from Constellis
米国の大手セキュリティー企業『コンステリス(Constellis)』社が22日、トップ交代の人事を発表した。新CEOには中央情報局(CIA)将校として10年のキャリアを持ち、ロッキード社、レイドス社(Leidos…元SAIC社)といった有名企業での要職を務めた経歴を持つティム・リアドン(Tim Reardon)氏(54歳)が就任する。
コンステリス社と言えば、民間軍事会社(PMC)の代名詞的存在でもあった「ブラックウォーター(Blackwater)」社の流れをくむ「アカデミ(Academi)」や、「トリプルキャノピー(Triple Canopy)」「オリーブ(Olive Group)」など、9つのセキュリティー企業をその傘下に収める、セキュリティー分野を中心としたコングロマリット。現在までに世界45ヶ国に展開し、23,000名の従業員を抱えている。

関連記事:
ACADEMI (旧 Blackwater)・トリプルキャノピーを傘下に持つ民間軍事会社が 10 億ドルで身売りか

1997年に元海軍特殊部隊SEALのエリク・プリンス(Erik Prince)氏により創業したブラックウォーター社だったが2010年に売却。後継企業のアカデミーが2014年にトリプルキャノピーと合併し、同年にコンステリスがそれを買収し、現在に至っている。

ブラックウォーター社のこれまでの経緯:
1997年 ブラックウォーター社が創業
2007年 イラクで事件を起こす(ニソア広場虐殺事件)
2009年 Xe Services LLCとして社名変更
2010年 プリンス氏が売却し、アカデミ社に変更
2014年 アカデミ社がトリプルキャノピーと合併し、コンステリス社が買収

現在のコンステリス社を築き上げた立役者が、2015年10月以来、同社のトップを務めてきた創業者のジェイソン・デヨンカー(Jason DeYonker)氏と共同創業者のディーン・ボサツキ(Dean Bosacki)氏。今回の人事発表に伴い、両者は共に経営の一線から身を退きつつも、企業戦略と買収に関する特別顧問を務める要職に残る。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する
「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討
米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー
小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中
米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に
米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する (2019-06-13 16:13)
 「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討 (2019-06-12 17:40)
 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー (2019-06-11 16:25)
 小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 (2019-06-11 14:04)
 米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に (2019-06-07 19:45)
 米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け (2019-06-07 13:31)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop