NEWS

フランスが『FRF2』狙撃銃をリプレイスする競争入札募集を公示。実戦配備済で採用状態の「HK417」が最有力か

海外軍事 Comments(0)
フランスが『FRF2』狙撃銃をリプレイスする競争入札募集を公示。実戦配備済で採用状態の「HK417」が最有力か
Photo from French Ministry of Armed Forces
フランス軍は近年、小銃など歩兵装備の最新化を図っている。
その流れの1つとして、長年使われてきた狙撃銃『FRF2』の後継を決定するため、次期狙撃銃の競争入札募集が公示された。
FRF2は1986年に採用されたボルトアクションライフルで、1960年代半ばに採用されたFRF1の進化版である。旧ユーゴスラビア紛争やアフリカ諸国の紛争、アフガニスタン戦争においても、フランス軍部隊の小隊狙撃手の火器として活躍してきた。

フランスが『FRF2』狙撃銃をリプレイスする競争入札募集を公示。実戦配備済で採用状態の「HK417」が最有力か
Photo from French Ministry of Armed Forces
2010年頃からは、一部の小隊狙撃手が「HK417」を使用するようになったが、制式採用されたというわけではなかったため、今回の競争入札が公募されることとなった。

次期狙撃銃はボルトアクションではなく、セミオートとなる。フランス軍では「FPSA(半自動精密小銃)」という名称になる。(読み方は「エフ・ペー・エス・アー」)

次期狙撃銃が導入される際、2,600セットの銃本体と照準器、2,800個の暗視照準器、1,000個のサーマル照準器、そして630万発の7.62×51mm弾(315万発の精密弾と315万発の貫通弾)が納入される。

フランスが『FRF2』狙撃銃をリプレイスする競争入札募集を公示。実戦配備済で採用状態の「HK417」が最有力か
Photo from Verney-Carron

フランスが『FRF2』狙撃銃をリプレイスする競争入札募集を公示。実戦配備済で採用状態の「HK417」が最有力か
Photo from FN America
候補には、フランスのメーカーVerney-Carron社のVCD-10、FN社のSCAR Mk20 Mod0 SSR、H&K社のHK417の名前が挙がっている。

すでにHK417は特殊部隊・一般部隊の両方で実戦配備されており、「採用状態」と言える上、HK416が制式採用されたことから、HK417が最有力と言われている。

Text: ムッシュ・コナギ - FM201808

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop