NEWS

フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注

海外軍事 Comments(1)
フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注
フランス国防調達局 (DGA: Direction Générale de l’Armement) は6日、軍用ピストルにオーストリア・グロック社製9mmセミオートマチック・ピストル(PSA: pistolets semi-automatiques)『Glock17』×74,596挺の発注を公表した。
「PA MAC 50(シャテルロー造兵廠)」および「PAMAS G1(サンテティエンヌ造兵廠)」からのリプレイスを図るもので、夜間照準システム×15,000セット、消音装置×7,000キット、弾薬×5,100万発の供給を含め、契約金額は4,400万ユーロ(約53.3億円)。
なおグロックは、弾薬についてチェコの「Sellier & Bellot」社と、また訓練キットについて米国の「UTM」社との提携を図っている。

納品先の配分は、陸軍80%、海軍8%、空軍10%。
第一陣は2019年末に始まっており、2022年までに74,000挺以上のデリバリーがおこなわれる予定。

Source: Le ministère des Armées renouvelle les pistolets semi-automatiques pour les forces françaises

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習
寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に
米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用
アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見
デルタフォースが人質奪還に初成功した「アシッド・ギャンビット作戦」30周年
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習 (2020-01-17 17:52)
 寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に (2020-01-16 16:03)
 米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」 (2020-01-15 12:20)
 フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用 (2020-01-14 17:26)
 アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見 (2020-01-09 14:14)
 デルタフォースが人質奪還に初成功した「アシッド・ギャンビット作戦」30周年 (2019-12-27 19:03)
この記事へのコメント
グロック本当に人気だな
大口注文多い
Posted by . | at 2020年01月10日 03:41
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop