フランス国防省が7,800挺近いエアソフトの購入を求めた公開入札情報を発出

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from French Ministry of Defense
This photo is for illustration purposes only.
フランス国防省が7,800挺近いエアソフトの購入を求めた公開入札情報を発出している。

関連記事:
フランス陸軍がエアソフトを使った市街地戦闘訓練を実施

入札は、国防省(MINDEF: Ministry of Defense)、軍(SCA: Service du Commissariat des Armées)、西部調達局(PFAF-West: Plate-Forme Achats Finances West)をクライアントとしたもので、税(VAT: Value-Added Tax)別で250万ユーロ(=約3億2,000万円)の案件。
2018年度での内訳は、①HK416F×4,230挺、②FAMAS F1×2,000挺、③MINIMI×500挺、④Pamas(=ベレッタのライセンスピストル)×1,000挺、⑤Glock 17×30挺の5種で合計7,760挺。4月24日が募集期限となっている。

第2段階ではロット当たり3つの入札業者に選定され、入札要件の詳細を受け取ることになる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop