NEWS

フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用

海外軍事 Comments(0)

Photo from Flyability
フランス国家警察特殊部隊『RAID(Research, Assistance, Intervention, Deterrence / 調査・救援・介入・抑止)』が「空飛ぶ球体偵察ロボット」を新たに採用したことが分かった。開発元であるスイスのスタートアップ、『フライアビリティ(Flyability)』社が17日付けプレスリリースで明らかにしている。
『エリオス(Elios)』と名付けられたこの無人機システムは、市街地を舞台とした対テロ任務などでの運用を想定し、数ヶ月間に渡る評価試験を経て採用に至っている。複雑な建屋内部への侵入を容易とする網状の球形飛行物体となっていることが最大の特徴と言え、精鋭隊員らが突入するに当たっての前情報を、高解像・サーマル画像を使って提供し、任務の成功確率の向上と隊員の安全確保へ繋げることに期待されている。

Flyability presentation - Elios, the collision-tolerant drone for industrial inspection
通常の回転翼機と同様に、空中での移動やホバリングによる静止飛行は勿論のこと、ローターブレードの衝突を気にすることの無い設計となっているため、小さな隙間へも難なく侵入ができる。また時には、地面を転がりながら移動することさえも可能となる。こうした閉鎖空間での逞しい機動力が買われ、これまで中東・欧州における幾つかの法執行機関所属の特殊部隊員らの間でも既に運用が進んでいるとのこと。

なお、世界初となる空飛ぶ球体(球形飛行体)は、日本の防衛省技術研究本部(現:防衛装備庁)が開発しており、2011年にメディアで公開されている。

関連記事:
KYOSHOから球形飛行物体「スペースボール」新発売

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop