NEWS

重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備

海外軍事 Comments(0)
フランスの公共放送機関「フランス・テレビジョン」が、教育チャンネル「フランス サンク(France 5)」の番組内『C dans l'air』において、テロ対策を多角的に紹介するドキュメンタリー「Terrorisme: la réponse française(テロリズム:フランスの対応)」の放送回分を公式YouTube内で紹介した。

Screenshot from C dans l'air's official YouTube channel
39分30秒付近からは、国家警察特殊部隊『RAID』が登場。RAID隊員の活動と共に、多様な緊急事態に備えた武器庫が紹介されている。中でも「43分22秒~45分00秒」で登場する新型ライフル『SIG MCX』のシーンが印象的だ。


Screenshot from C dans l'air's official YouTube channel
RAID隊員によると、「シリアやイラク等で戦闘慣れしたテロリストがフランスに入国(帰国)し、AK小銃だけでなく自爆ベストなどの爆発物も持つなど重武装化している背景を機に、警察にも「戦争用の火器」が必要になるとの判断があり採用に至った」とのこと。


Screenshot from C dans l'air's official YouTube channel
RAIDではこれまでに9mmサブマシンガンや5.56mm、7.62mmのアサルトライフルを使用しているが、近年のテロリストの重装備化に伴って、より射程距離が長く、ストッピングパワーの強い弾薬の必要性が高まったという。そこでRAIDが採用したのが「220グレインの.300AACブラックアウト弾」だった。そして、その弾薬に対応したSIG MCXも同時に採用されたという。

Text: ムッシュ・コナギ - FM201804

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop