NEWS

敵地偵察、負傷者救助、市街地戦闘…フランス軍特殊部隊が開発資金を助成する次世代ヴィークル『Flyboard』

海外軍事 Comments(2)
フランス軍の特殊部隊員が、空中を自由に移動する「ホバーボード(hoverboard)」を使った飛行展示をおこなった。

開発を手掛けたのは「フランキー・ザパタ(Franky Zapata)氏」。『フライボード(Flyboard)』と名付けられたこの製品を使って、セーヌ川の上空20メートル付近をベルシーに向かって飛行している。
フランス軍は、特殊部隊による敵地への偵察、負傷者の救助、市街地戦闘での利用に期待を寄せ、世界初の完全駆動型ホバーボードの開発者であるザパタ氏に対して130万ユーロ(=約1.7億円)の開発資金を投入しているという。

関連記事:
戦術面で幅広い可能性?空中を自由に飛行できる新型「ホバーボード」のテスト飛行が公開

地元紙「ル・パリジャン」の取材に対してザパタ氏は、「私の発明は民間人の移動を目的としていたが、こうして軍と共に開発できることは非常に光栄だ」「米国の軍需企業からも関心を寄せられたことがあったが、その申し出を断った」と述べている。

関連記事:
米陸軍で開発中のホバーバイク「統合戦術空中補給機 (JTARV) 」の試作機が試験飛行

軍特殊部隊がフライボードに関心を寄せたのは2年前。国防調達局(DGA: Direction Générale de l’Armement)がその取得を加速させたという。
現状は万人に扱えるシロモノではなく、開発者のみが自由自在に操れるに過ぎない。(ザパタ氏は、ウォーターアクティヴィティとして人気の水圧式ジェットボードのチャンピオンでもあり、卓越したバランス感覚と操作技術の持ち主)
その為、今後の開発は操作性の追求と、実戦投入を見越して騒音が少なく、安全で安定したシステムとすることが挙げられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
人間を乗せずホバー脚ロボットにしたほうが有効ではなかろうか
Posted by     | at 2018年12月02日 17:54
防弾ベスト、ライフル、弾薬つけると10kgはこえる。これクリア出来るか。
Posted by 軍事速報の中将 | at 2018年11月28日 12:57
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop