NEWS

ドイツ連邦軍の「G36」後継小銃コンペは『HK433』と『MK556』の一騎打ちか

海外軍事 Comments(0)
ドイツ連邦軍の「G36」後継小銃コンペは『HK433』と『MK556』の一騎打ちか
Photo from Bundeswehr
This photo is for illustration purposes only.
ポーランドの軍事雑誌「ミルマグ(MILMAG)」が、「ドイツ連邦軍の次期制式小銃を狙った選定レースは、『HK433またはMK556 Gen.2のいずれかで決まる』」と報じている。
ドイツ連邦軍の「G36」後継小銃コンペは『HK433』と『MK556』の一騎打ちか
Photo: HK433

ドイツ連邦軍の「G36」後継小銃コンペは『HK433』と『MK556』の一騎打ちか
Photo: MK556
G36後継小銃を巡っては、昨年秋の時点で①ラインメタル&ステアー社の合同提案「RS556」、②ヘッケラーアンドコッホ社「HK433」「HK416」、③シグ・サワー社「SIG MCX」、④FNハースタル社「SCAR-L」、⑤ヘーネル・ディフェンス(Haenel Defense)社「MK556」の参戦が報じられている。

関連記事:
ドイツBAAINBwがシュトルムゲヴェール計画の「招待状」を相応な事業者に対して発送

その後、11月末には「技術要件がHK社に有利だ」と不満を漏らしたシグ社がレースからの離脱を正式表明。ミルマグによると、ラインメタル社も「台所事情」を理由に撤退したとのこと。ラインメタル社は、豊富な軍納入実績を持つことから、ロビー活動における最強の刺客とみられ、大本命のHK社に風穴を開ける可能性があるとみられていた。

関連記事:
ドイツ軍のG36後継小銃選定レースからシグ社が離脱を表明。「技術要件がHK社に有利だ」と不満を漏らす

国内報道をはじめ大方の予想はHK社に傾いているようにみえる。その為、「出来レース」という表現も散見されるが、120,000挺、2億4,500万ユーロ(=約325億円)という大型案件のヘーネル社による一発大逆転があるのか、今後の動向が注目される。

Source: Dwóch następców G36

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop